内科・外科から美容や在宅診療まで、トータルでサポートする福岡県久留米市のクリニック

24時間予約受付 お問い合わせ・受診予約0942-65-3027

アップアンダー療法

注目のガン治療法 アップアンダー療法(高濃度ビタミンC点滴とフコダイン療法)

メニュー

超高濃度ビタミンC点滴療法 超高濃度ビタミンC療法の歴史

高濃度ビタミン点滴療法を知っている医師の90%以上が
自分がガンになった時、この治療を選択すると回答しています。

超高濃度ビタミンC療法は、1974年に米国のライナス・C・ポーリング博士により提唱されました。

ライナス・ポーリング博士は、化学結晶構造の研究で1954年にノーベル化学賞を、さらに原水爆反対運動の功績で1962年にノーベル平和賞を授賞されている化学者です。

70年代前半にキャメロンとポーリングの二人は、ビタミンCを静脈内に投与することでがん患者の生存率が延長することを発表し世界中で有名になりました。

1979年、1985年には、有名なメイヨークリニックの追試で、10gのビタミンCを経口投与しても癌患者の延命には変化がなかったという、否定的な結果だったので、30年間、ビタミンCの研究は関心をもたれませんでした。
その背景には、原水爆反対運動に参加していたこと、ポーリング博士は、化学者で、医師では無かったこと、ビタミンCでは、製薬会社が儲からないことなどがあったかもしれません。

メイヨークリニックの研究は経口投与のデータだったのに対して、キャメロンとポーリングの研究は静脈投与という違いがあったのです。
2004年に、米国カンザス州のリオルダン医師が、「ビタミンCの経口投与では癌細胞を殺すのに十分な血中濃度まで上昇させることができない」という論文発表を出しました。
彼は超高濃度ビタミンC点滴療法を実践し、多くの良好な結果を出していたのです。
2005年、アメリカ国立衛生研究所・国立がんセンター・食品医薬品局の科学者たちが「超高濃度ビタミンC点滴療法」を追試験して、ポーリング博士が約30年前に唱えた「ビタミンCは選択的に癌細胞を殺す」との理論を再確認しました。

現在、アメリカで約1万人の医師が、日本では約100人の医師たちが「超高濃度ビタミンC点滴療法」を始めています。
超高濃度ビタミンC点滴療法は古くからあったにもかかわらず、日本ではまだ新しい治療法と言えます。
ビタミンCは通常、副作用も無く、安全で、一般のクリニックレベルで行える最先端のがん治療のひとつなのです。

今日、科学的根拠のある治療(EBM)が謳われています。
残念ながら、ガン治療のEBMは、ガンの縮小効果は認められていても、生命の延長効果が無いのが現状です。

そして、高濃度ビタミンC療法は、EBMの根拠となる、症例を集めている段階なのです。
高濃度ビタミンC療法はEBMが認められるまでには、まだ、数十年とかかるかも知れません。
しかし、高濃度ビタミンC療法の効果を示す、科学的根拠は十分に研究されています。

24時間予約受付

診療時間

14:00~17:00(土曜日・日曜日)
10:00~12:00(日曜日)

※手術や往診のため電話でのご予約、確認をお願いします。
※受付は終了時間の30分前までとなっております。
※お電話で連絡いただければ休診日でも対応いたします。
※土曜日午後、日祝日は連携夜間・休日診療となります。

ビタミンC療法

ページ上部へ

© 2015 あさひクリニック All rights reserved.